活動

[受付中]2023/2/8 “知財英語コミュニケーション”によるグローバル人財の育成

 知的財産実務や契約等の交渉において、世界を舞台に英語で仕事をこなすグローバル人財が求められています。しかし日本での英語教育や勤務経験のみでは、このような人財の育成は難しいのが現状です。本講座では、講師の実務経験から生まれたグローバルコミュニケーションスキル“知財英語コミュニケーション”によるグローバル人財の育成について解説します。

1.イントロダクション
(1)講師知財実務経験
      ①帝人
      ②ファイザー
      ③3M
(2)3Mでの衝撃から信頼獲得まで
(3)日本式の英語教育の問題点
(4)グローバル人財とは

2.“知財英語コミュニケーション”
(1)“知財英語コミュニケーション”とは
  ①知財実務におけるグローバルコミュニケーション
  ②異文化コミュニケーション 
  ③英会話学校では学べない
(2)異文化コミュニケーションについて
  ①まず日本を知る
  ②異文化を知る
  ③ビジネスに現れる違い
(3)異文化の壁を乗り越えるには
  ①これを英語で何という?
  ②和文を英文に置き換えるのは翻訳ではない
  ③映像を言葉にする  
(4)“知財英語コミュニケーション”で得られるもの

3.グローバルコミュニケーションスキルとしての“知財英語コミュニケーション”
(1)専門的事項の理解 
  ①各国法制度
  ②専門用語
  ③業界のビジネス用語
(2)コミュニケーションスキル
  ①プレゼンテーション(理解を得る)
  ②ディスカッション(主張する)
  ③ファシリテーション(場を仕切る)  
(3)知財に留まらない理由

4.“知財英語コミュニケーション”を活かしたグローバル人財の育成
(1)「知財」は「●●」に置き換えられる
(2)コミュニケーションスキルは業界を問わない
(3)コミュニケーションスキルは言語も問わない
(4)日本企業の国際競争力の維持・向上

5.まとめ

6.関 連 質 疑 応 答

7.名 刺 交 換 会 

関連記事

  1. 『さあ、「知財英語」で話そう -Season 2-』 第1回
  2. 『さあ、「知財英語」で話そう -Season 2-』 第2回
  3. [過去のセミナー]2022/8/4 後発医薬品をめぐる最新動向と…
  4. [過去のセミナー]2021年11月19日 情報機構主催 「中国パ…
  5. [過去のセミナー]2022/7/13 知財面から見たバイオセイム…
  6. [過去のセミナー]2022/1/21 後発医薬品の特許戦略

最近の活動

PAGE TOP