NEWS

注意喚起:特許料金の納付を要求する詐欺について

最近、「Patent and Trademark Bureau」から、特許料の納付を要求するレターが届いた、との報告を受けました。

出願人や発明者宛の英語のレターで、内容は「2月20日までに登録料 XXXXドルを支払わないと、あなたの特許権が切れます」といったものです。

差出人「atent and Trademark Bureau」をGoogleで検索すると、すぐに以下の記事が見つかり、明らかに詐欺であることがわかりました。

https://www.upcounsel.com/patent-and-trademark-bureau

上記記事によれば、USPTO(米国特許商標庁:United States Patent and Trademark Office)がFraudulent Companies(詐欺企業)として以下の社名を挙げているとのことです。

  • Patent & Trademark Resource Center (Seattle & Woodinville, WA)
  • Patent and Trademark Organization (New York, NY)
  • Trademark Office Ltd. (New York, NY)
  • U.S. Trademark Compliance Office (Wilmington, DE)
  • Patent & Trademark Bureau (Philadelphia, PA)
  • Patent & Trademark Office (555 Madison Ave., New York, NY)
  • Patent & Trademark Office (299 Park Ave., New York, NY)
  • Patent & Trademark Agency (New York, NY)
  • Trademark and Patent Office (Los Angeles, CA)
  • P.T.M.A. Patent and Trademark Association (New York, NY)

もし、特許料や商標登録料の支払いを求めるレターを受け取った場合は、絶対に送金は行わず、まずGoogleで差出人名を検索するか、普段お付き合いのある特許事務所・法律事務所・弁理士にご相談ください。

最近の活動

PAGE TOP