活動

エスキューブ10周年記念イベント「医薬品特許セミナー&レセプション in 富山-先発対後発の攻防 この10 年-」を開催しました

2023年10月3日、富山国際会議場(https://www.ticc.co.jp/)にて、エスキューブ10周年記念イベント「医薬品特許セミナー&レセプション in 富山-先発対後発の攻防 この10 年-」を開催しました。富山は、エスキューブ設立の年、2013年の10月31日以来、10年間で合計10回のセミナーをさせて頂くこととなったゆかりの地です。

後発医薬品80% 時代に突入し、この10 年で医薬品業界を取り巻く環境は大きく変わりました。先発対後発医薬品の特許係争は益々激しくなり、医薬品特有の特許制度も絡んで、複雑になってきています。さらにお隣中国では、医薬品産業がこの10 年の間に目覚ましく発展し、2021 年6 月には医薬品の特許期間延長とパテントリンケージ制度が制定・施行されました。そこで、セミナーではこの10 年間の先発対後発の攻防をレビューし、日本と中国の医薬品関連特許制度(特許期間延長、パテントリンケージ、データ保護)について議論しました。中国の制度については、北京銘碩特許法律事務所(MING & SURE INTELLECTUAL PROPERTY LAW FIRM)の金玉蘭弁理士にご説明いただきました。

当日はお天気にも恵まれ、地元の製薬関連企業の知財・研究開発部門を中心に約40名の皆様にお集まりいただきました。場所を国際会議場隣のANAクラウンプラザホテル富山に移してのレセプションは、近くにいながらつながりに乏しい、という富山県内の製薬関連企業の皆様の交流の場となり、北京銘碩特許法律事務所の皆様も交えて医薬品産業から国際情勢へと、話に花が咲きました。ご参加・ご協力いただいた皆様ありがとうございました。

医薬品特許セミナー&レセプション in 富山-先発対後発の攻防 この10 年- アジェンダ

関連記事

  1. TAIWANESE IP NEWS vol.5
  2. CHINESE IP NEWS vol.6
  3. CHINESE IP NEWS vol.3
  4. 『さあ、「知財英語」で話そう -Season 2-』 第2回
  5. TAIWANESE IP NEWS vol.6
  6. CHINESE IP NEWS vol.14
  7. TAIWANESE IP NEWS vol.8
  8. エスキューブ メールマガジン 2022年12月号

最近の活動

PAGE TOP